区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 地域活動・コミュニティ > えどがわ地域情報局 > 街の話題(ホットニュース!) > 2021年(令和3年) > 東京2020パラリンピック聖火リレーの点火セレモニーが行われました

更新日:2021年8月26日

ここから本文です。

東京2020パラリンピック聖火リレーの点火セレモニーが行われました

”共生社会実現を目指し、つながれた希望の光”

8月21日(土曜日)、「都立葛西臨海公園第三駐車場(臨海町6丁目)」に特設された走行路で、「東京2020パラリンピック聖火リレー」が行われました。会場では、千代田区、台東区、墨田区、江東区、江戸川区の聖火ランナーによる「点火セレモニー」が無観客で行われました。

パラリンピックの聖火リレーは、「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」がテーマ。大会の開催を契機に共生社会を実現し、人と人、人と社会との、新しいパートナーシップを考えることを目指しています。点火セレモニーは、千代田区、台東区、墨田区、江東区、江戸川区の順番に実施。聖火リレーはコンセプトに基づき、「はじめて出会う3人」が1組のグループとなって行います。

江戸川区の点火セレモニーでは、はじめに斉藤猛江戸川区長が手にしたランタンから最初のEDORIKU車いす陸上教室の3人の聖火ランナーが持つトーチに点火。ランナーはゆっくりと歩調を合わせ、走行路を半周ずつ走り、次のグループへとトーチに灯された炎をつないでいきました。そして、最終ランナーの2人がステージ上の聖火皿へと点火。自治体を代表してあいさつした斉藤区長は、「この聖火は、世界の『希望の光』となるとともに、人々の気持ちをひとつにする象徴になると思います。パラリンピックが成功し、その感動から生まれるレガシーが『共生社会』の推進の原動力となることを心より願っております」と話しました。

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?