遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

トップページ > スポーツ・文化・観光 > 文化 > 文化財・史跡 > 江戸川区の文化財・関連施設

ここから本文です。

江戸川区の文化財・関連施設

江戸川区は、1980(昭和55)年4月に文化財保護条例を制定施行しました。
区の文化財は、区文化財保護審議会に諮問し、その答申にもとづいて決定します。
現在、区文化財は総計248件です。内訳は表のとおりです。(平成28年12月1日現在)

区分 指定文化財 登録文化財
有形文化財 53 80 133
無形文化財 17 0 17
有形民俗文化財 3 33 36
無形民俗文化財 5 30 35
史跡 3 17 20
天然記念物 3 3 6
84 63 247

江戸川区には、国指定の天然記念物1件と東京都の指定文化財が6件あります。すべて区登録文化財となっています。

一之江名主屋敷を公開しています。一之江名主屋敷は、江戸時代のはじめにこの地で新田を開いた田島家の屋敷です。一之江新田の名主を代々つとめてきました。

江戸川区郷土資料室は、昭和40年(1965年)に児童生徒の郷土学習に資することを目的に開設されました。