区民向け情報

閉じる

トップページ > よくある問い合わせQ&A > くらし・手続き > 交通・駐車駐輪 > 見通しの悪い道路にカーブミラーを設置してもらえますか

更新日:2020年11月13日

ここから本文です。

見通しの悪い道路にカーブミラーを設置してもらえますか

江戸川区では、自動車運転者が区道上において、交通法規を遵守してもなお他の自動車等の通行を事前に確認することが困難な場合の補助施設として、カーブミラーを設置しています。

ご要望に応じて現地を調査し、目視での安全確認が困難な場合に設置を検討します。

そのため、目視での安全確認が可能な箇所については設置のご要望に沿えないことがあります。

また、以下のような場所は原則としてカーブミラーを設置できません。

  1. 工事などで一時的に見通しの悪い場所
  2. 物理的に設置が困難な場所
  3. 信号機の設置してある場所
  4. 私道との交差点

(参考)カーブミラーの特性及び注意点

カーブミラーには死角がある

下のイラストのように自動車運転手からカーブミラーをみると、死角があることが分かります。

ミラーに映りこまない死角から歩行者や自転車が飛び出してくる危険があります。

また、ミラーの大きさや形状、向き、運転者の視点の位置等の条件により、死角となる場所も異なります。

カーブミラーは左右が逆に映る

カーブミラーも普通の鏡と同様に左右が逆に映ります。

下のイラストの場合、自動車運転手から見ると道路の奥側を自転車が通行しているように見えます。

しかし実際には、下のイラストのように道路の手前側を自転車が通行しています。

ところが、下イラストのように道路奥を通行していると勘違いして「左折しても問題ない」と判断し、曲がり始めると思わぬ事故になる可能性があります。

また、ミラーに映っている物との距離感を誤認識しやすく、事故になる可能性もあります。カーブミラーを過信せず、慎重な運転を心がけましょう。

(注)このページで使用したイラストおよび内容は道路反射鏡協会が作成したものを使用しています。
道路反射鏡協会のページはこちら

道路反射鏡協会(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは土木部保全課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?