区民向け情報

閉じる

更新日:2021年10月8日

ここから本文です。

熱中症にご用心!

お知らせ

「コロナ禍」における、熱中症予防のポイントはこれだ!

新型コロナウイルス禍が続く中、感染予防の3つの基本である1身体的距離の確保、2マスクの着用、3手洗いや、「3密(密集・密接・密室)」を避ける「新しい生活様式」が求められています。
特に、マスクの着用については、暑い夏に向かって注意が必要です。

「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをしっかり確認し、熱中症から身を守りましょう!

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント(厚生労働省)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

令和3年度熱中症予防コロナ感染防止リーフレット表

令和3年度熱中症予防コロナ感染防止リーフレット裏

熱中症とは?

高温多湿などの環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が低下したりすることが原因で起こります。重症になるとけいれんや意識障害、さらには命の危険を伴うこともあります

熟年者や子どもは特に注意!

熟年者の特徴

発汗や体温調節機能が低下し、暑さや喉の渇きを自覚しないまま熱中症になる恐れがあります

子どもの特徴

体温調節機能が未熟であるほか、身長が低いために大人よりも地表面からの熱の影響を受けやすくなります

症状と対応

熱中症分類
分類 重症度 症状 対応
1度 軽度
  • めまい、立ちくらみ
  • 生あくび
  • 大量の発汗
  • 筋肉痛、こむら返り
  • 涼しい場所に移動する
  • 衣類を緩め、体を冷やす
  • 水分・塩分を補給する
    (改善しなければ医療機関へ)
2度 中等度
  • 頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)
  • 倦怠(けんたい)感、虚脱感
  • 集中力や判断力の低下

医療機関に行く
救急車を呼ぶか判断に迷ったら、
救急相談センター(電話:#7119)へ

3度 重度
  • 意識障害
  • けいれん発作(体がひきつる)など

すぐに救急車を呼ぶ
涼しい場所で、衣類を緩め、体を冷やして待つ

(参考:日本救急医学会熱中症分類2015)

実践しましょう!熱中症対策

適宜マスクを外しましょう

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 屋外で人との十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外す
  • マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分とった上で、適宜マスクをはずして休憩をとりましょう

室内で

  • 風通しを良くする
  • 過度な節電は避ける
  • 扇風機やエアコンを使う(感染予防のため、換気扇や窓の開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整する)

外出時

  • 帽子や日傘を使用する
  • 日陰を歩くようにする
  • 涼しい場所や公共施設などで小まめに休む
  • 冷却グッズを使う

いつも心掛けること

  • 涼しい服装(通気性・吸汗性・速乾性の高いもの)
  • 熱中症情報に注意する

こまめに水分補給

  • 喉が渇く前に飲む
  • 入浴前後や起床時に飲む
  • 外出時は飲み物を持ち歩く
  • 大量の汗をかくときはスポーツドリンクなどで少量の塩分も補給する

普段からの体調管理

  • 日ごろから体温測定をする
  • 食事はバランス良く食べる
  • 睡眠を十分に取る
  • 持病の管理
  • ウォーキングなど適度な運動をする(涼しい時間帯に)

地域みんなでお互いに

  • 新しい生活様式を意識した熱中症予防についてを話題にする
  • お互いを気に掛ける

熱中症予防に向け、さまざまな情報を提供しています。自分や身の回りの大切な人の健康を守るために、熱中症ゼロを目指しましょう

問い合わせ

健康サポートセンター

参考情報サイト

熱中症警戒アラート(試行)をLINEアプリでも受信できるようになりました。

熱中症アラートのLINEアプリの二次元コード

二次元バーコードが読めない場合は、LINEアプリを起動し、「友だち追加」画面を開いて「ID検索」ボタンを選択。文字を入力する画面になれば、「@kankyo_jpn」と入力検索することで、友だち追加が可能です。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?