区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月30日

ここから本文です。

江戸ゆかた 高橋榮一 浴衣について

takahashi2

浴衣は、平安時代に初めて使われたらしく、江戸・寛政年間頃より流行し、弘化年間頃大きく開花しました。

浴衣の生地は栃木県真岡で織られ、型紙は三重県白子と寺家・日本橋付近でも彫られました。
染色は江戸時代に藍染技術が発達して、紺と白の美しい柄の浴衣が出来ました。明治時代になると、柄もますます多様になり昼間着としても利用されて、一世を風靡するようになります。
現在では、縁日・お祭・夕涼み等で粋な浴衣姿の人がそこかしこで見られ、夏の風物詩にもなっています。

高橋氏の手掛ける「江戸ゆかた」は、柄が繊細で細かいことから染色が困難とされる"古代柄"を現代に復刻させた浴衣です。江戸時代から伝わる伝統の古代柄を複数組み合わせることで、現代に合った特別な柄を生み出しています。また、高橋氏は、高い技術で古代柄を見事に染め上げ、独自の染色技法により鮮やかな絵柄を裏面にも映し出しています。一つひとつ手作業で染め上げられる品々は、技術と工夫が随所に施された匠の逸品です。

浴衣について

お問い合わせ

このページは産業経済部産業経済課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?