区民向け情報

閉じる

トップページ > 子育て・教育 > 青少年健全育成 > 江戸川区少年少女合唱団 > 江戸川区少年少女合唱団 指導者紹介

更新日:2019年2月13日

ここから本文です。

江戸川区少年少女合唱団 指導者紹介

指導者紹介

山浦 勝雄(やまうら かつお)団長

江戸川区立葛西第三中学校長

鈴木 康夫(すずき やすお)先生(常任指揮者・発声)

明治大学政治経済学部卒、東京声専音楽学校卒・同オペラ研究科修了、東京藝術大学別科声楽専修修了。日本オペラ協会にて創作オペラを中心に活動、宗教曲のソリストとしても活躍。クラッシック声楽家をはじめ、布袋寅泰・今井美樹・コブクロ・森山直太朗・華原朋美・土屋太鳳氏他の発声指導者として活躍中。尚美学園大学舞台表現学科講師。日本オペラ協会会員。日本合唱指揮者協会会員。江戸川区音楽協議会副会長。声の寺子屋「無門塾」塾長。

太刀川 琴絵(たちかわ ことえ)先生(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業後、フランス・カナダにて学ぶ。「江戸川新人オーディション(現・新進音楽家コンクール)」首席合格ほか、多数のコンクールで入賞。さまざまな指揮者や演奏家と共演し、コーラス伴奏も手がけるなど幅広く活躍。

川原 望(かわはら のぞみ)先生(ピアノ)

東京音楽大学付属幼稚園、東京音楽大学付属音楽教室、付属高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ピアノ)卒業。ピアノ専攻学内卒業演奏会出演。これまで佐藤智子氏に師事。高校より声楽伴奏、大学より合唱伴奏に携わり、現在は多数の合唱団にて伴奏ピアニストとして活動。

錦織 まりあ(にしこり まりあ)先生(発声)

愛知県立芸術大学音楽学部声楽学科首席卒業、桑原賞受賞。ウィーン国際音楽ゼミナール他、ヨーロッパ各地でマスタークラスを受講しディプロマ取得。国内多数のホールにて演奏する他、海外においても、ウィーン シューベルト、ドイツ エアフルト歌劇場などで演奏。ドヴォルザーク国際声楽コンクールに入選。また、森晶彦氏のもとでフスラー理論に基づいた発声法を学び、現在では多数の声楽家や合唱団のヴォイストレーナーとしても活躍。

木村 綾子(きむら あやこ)先生(発声)

愛知県立芸術大学音楽学部声楽学科卒業。同大学大学院修士課程修了。韓国・ソウルにて開催された日韓共同演奏会にてソプラノソリストとして出演。オーケストラアンサンブル金沢にて、故 岩城宏之指揮、井上道義指揮などと多数共演し、いずれも好評を博す。オペラや宗教曲ソリストなど幅広く活躍。東京オペラプロデュース会員。

用松 弥生(もちまつ やよい)先生(総務代表)

小学校の音楽教諭の時、本合唱団(昭和62年)が設立されてから現在に至るまで、団員の指導に携わってきた。これまでの主な指揮は、花の祭典、暖心苑、和楽苑のイベント、定期演奏会、障害者芸術文化祭「ハートフルアートTOKYO」、ジュニアフェスティバルなど、その他、オーストラリアへの親善演奏旅行では「感謝状の授与」がある。現在は合唱団の総務代表を務めるほか、団員の指導に当たっている。最近では、さわやかクワルテットコーラスの代表として老人ホームなどで慰問演奏をしている。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは文化共育部健全育成課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?