区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 東日本大震災関連情報 > 放射線関連情報 > 推定被ばく線量(年間)算出方法

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

推定被ばく線量(年間)算出方法

測定結果から1年間の積算線量を推計する場合の条件

  • 自然放射線量を全国平均値0.05マイクロシーベルト/時と仮定
  • 測定した場所に8時間、その場所の木造家屋内に16時間居ると仮定
  • 木造家屋内滞在における被ばく低減効果を60%(係数0.4)と仮定

1年間の積算線量を推計するための式

(測定結果-自然放射線量0.05)×(8/24×1.0+16/24×0.4)×24時間×365日

(注)1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルト

問い合わせ

  • 放射線量の測定について環境部 環境推進課 電話:03-5662-1995
  • 健康被害について健康部 保健予防課 電話:03-5661-2476

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは環境部環境推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?