区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > オンラインサービス > 申請書ダウンロード > 不特定多数の人が共用するパソコンでご利用になる場合のご注意

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

不特定多数の人が共用するパソコンでご利用になる場合のご注意

会社や学校など、不特定多数の人が共用するパソコンで、文字を入力できる申請用紙を利用した場合、作業終了後にファイルを閉じただけでは入力した情報が残ってしまい、自分の情報を他人に閲覧されてしまう恐れがあります。

このような環境で、パソコンで文字を入力できる申請用紙をご利用になる場合、申請用紙をブラウザで開かず、一度パソコンに保存してからご利用されることをお勧めします。

申請用紙をパソコンに保存してから入力・印刷する手順

通常はPDFファイルへのリンクを左クリックして申請用紙を開きますが、パソコンに保存する場合は、右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して任意の場所(デスクトップ・新しいフォルダなど)に保存します。

保存したファイルをダブルクリックで開き、文字を入力・印刷します。
印刷が完了したら、保存したファイルを削除して操作を終了します。

なお、パソコンに保存できない場合には、通常の方法で入力・印刷し、作業が完了したら、入力した情報をすべて削除して操作を終了して(ファイルを閉じて)ください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?