妊娠・出産

更新日:2017年4月1日

妊娠したら

医療機関で妊娠と診断されたら、各健康サポートセンターに妊娠届を出しましょう。

妊婦さんの定期的な健康診査及び超音波検査の検査費用の一部を助成する制度を実施しています。

妊娠・出産についての知識やこころがまえ、出産準備や赤ちゃんのお世話などについて、教室を開催しています。

出産したら

生まれた日から14日以内(国外で生まれたときは3か月以内)に届出が必要です。

助産師又は保健師が訪問し、育児等について相談をお受けします。

【国民健康保険(国保)加入者の場合】出産育児一時金、お子さんの国民健康保険加入届出(生まれた日から14日以内)

手当・助成を受ける

江戸川区独自の制度です。赤ちゃんにとって、一番大切な時期を保育に専念していただくために経済的支援をします。

家庭における生活の安定に寄与し、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とします。

ひとり親である

障害児がいる

江戸川区にお住まいの方で、障害を有する20歳未満の児童を養育している方に支給されます。

江戸川区にお住まいの方で、障害を有する20歳未満で常時介護を必要とする重度の障害をお持ちの方に支給されます。

江戸川区にお住まいの方で、障害を有する20歳未満の児童を養育している方に支給されます。

子どもの疾病への医療費助成

お子さんの健やかな育成に寄与し、子育て世代への経済的負担の軽減を図ることを目的とします。

18歳未満で機能障害(将来機能障害が見込まれるものも含む)があり、入院・手術により機能回復が見込まれる方に支給されます。

国が定めた小児慢性特定疾患について、医療費等の一部又は全額を助成する制度です。

大気汚染の影響を受けたと推定される疾病(慢性気管支炎、気管支ぜん息ぜんそく、ぜん息ぜんそく性気管支炎、肺気しゅ)にかかった方に対して東京都が医療費を助成する制度です。

健康診査・講習会・予防接種

子どもを預ける

子育てのお手伝いをしたいかた(協力会員)と、お手伝いを頼みたい方(依頼会員)が会員となり、地域で子育ての助け合います。

仕事や病気などの事情により、日中子どもを預けたい

お仕事などでご家庭での養育が困難なお子さんを、ご家族に代わって家庭的な環境でお預かりします。

家庭環境上などの理由により、子どもを預けたい

子どものあらゆる問題・相談や家庭で養育できないこどもの児童養護施設への入所、里親・養育家庭制度の利用の相談は児童相談所へ。

病後児保育、一時的に子どもを預けたい(短期間)

病気の回復期にあり、まだ集団生活が困難なお子さんをお預かりします。

保護者の通院、冠婚葬祭への出席やリフレッシュなど様々な理由で一時的にお子さんを預けたいときに、ご利用いただけます。

保護者の方が病気、出産、介護、冠婚葬祭、就労などの理由で、一時的にお子さんを養育できないときに、宿泊を伴った一時預かりを行います。

不妊症・不育症でお悩みの方へ