善養寺影向のマツ

更新日:2016年10月9日


大正15年(1926)に東京都の天然記念物に指定されたクロマツで、樹齢600年以上といわれています。根元にある四角い石は「影向の石」といわれています。「影向」とは、神仏がこの世にあらわれた姿のことです。松の高さは約8メートルですが、その枝ぶりは広く、東西約31メートル、南北約28メートル、日本一の繁茂面積です。
四国の岡野松(香川県さぬき市、真覚寺)と互いに「日本一の名松なり」と競ってきましたが、立行司・木村庄之助の軍配さばきによって双方とも日本一の名松として引き分け、亡くなられた日本相撲協会の春日野元理事長から、それぞれ東西の横綱松に推挙されたというエピソードがあります。岡野松は、枯死したため平成6年(1994)に伐採されました。
平成23年(2011)9月21日、国の天然記念物に指定されました。

  • 国指定天然記念物
  • 江戸川区登録天然記念物・植物
  • 東小岩2丁目24番2号 善養寺
  • 昭和56年1月13日 告示

交通アクセス

JR総武線「小岩駅」から
京成バス〔小72 篠崎線〕⇒「江戸川病院前」(小岩から4つ目)から徒歩3分
都営新宿線「篠崎駅」から
京成バス〔小72 篠崎線〕⇒「江戸川病院前」から徒歩3分

問い合わせ先

このページ 教育委員会事務局 教育推進課 が担当しています。