このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

関東東海花の展覧会

更新日:2018年1月23日

第67回関東東海花の展覧会が開催されます。
関東東海地域の1都11県と花き関係6団体が主催する、日本で最大規模の伝統ある花の展覧会です。
東京都内有数の花き産地として知られる江戸川区の生産者も自慢の花きを多数出品しています。

日時

平成30年2月2日(金曜日)正午〜午後6時00分
平成30年2月3日(土曜日)午前10時00分〜午後6時00分
平成30年2月4日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分

会場

東京池袋サンシャインシティ 文化会館2階展示ホールD
(東京都豊島区東池袋3丁目1番)

入場料

無料

内容

花の品評会

関東東海地域1都11県の花の生産者が育てた自慢の切花や鉢物等が出品され、その品質と商品性を競います。
カーネーション、きく、ばら、球根切花、一般切花、枝物、花苗、観葉植物、一般鉢物、洋らんの10部門に分かれ、
約2000点が出品されます。

フラワーデザインコンテスト

関東東海地域1都11県の花の専門家が出品し、創造性や制作技術を競います。
フローラルアクセサリー、ブライダルブーケ、アレンジメントの3部門に分かれ、約160点が出品されます。

即売会

花の品評会に出品された切花や鉢物等、約1,600点を販売します。
2月4日(日曜日)午後2時00分より
花の即売会の入場整理券を、当日午前10時から会場ロビーにて先着600名に配布。

そのほか、東京の各地で生産された特色ある花を一同に集め展示する特別展示や、フラワーアレンジメント教室の実施など盛りだくさんの内容となっています。
詳しくは東京都産業労働局HPの「第67回関東東海花の展覧会を開催します」をご覧ください。

ダウンロード

会場フォトギャラリー

関東東海の花の生産者が育てた自慢の切り花や鉢物が出品がされ、その品質と商品性を競います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは生活振興部 産業振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る