このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

地域に活かせる空き家を募集しています

更新日:2017年11月28日

 区では、平成28年1月に「江戸川区空家等対策計画」を策定し、空き家と区が求める活用策とを結びつける取り組みを行っています。

 この取り組みは、現在空き家となっている物件を各部署で共有するマッチングリストに登録して区の施策活用に結び付けるもので、主に、さまざまな方々の「居場所づくり」、や「活動拠点づくり」に活かせる空き家を探しています。

 (具体の活用案は、下記をご参照ください。)

 区内に空き家を所有している方、管理している方の中で、このリストにご登録いただける空き家がありましたらお申し込みください。

お問い合わせ、登録シートのご提出先
住宅課計画係(本庁舎北棟2階)

132-8501東京都江戸川区中央一丁目4番1号
電話:03-5662-6387(直通)

空き家活用のマッチングリストに登録してみませんか

登録のイメージ

登録のお申し込みは、登録シートをご記入し、住宅課計画係へ郵送または窓口へ直接お持ちください。

区の活用案として、次のようなアイデアが挙っています。

用途

おおよその広さ
(平方メートル)

主に求める地域
なごみの家(多世代の方が気軽に利用できる地域の安心スペース) 100 中央、葛西、東部
ボランティア活動室(様々な地域活動の拠点) 200

小松川、葛西、小岩、東部、鹿骨

子どもの居場所 50 区内全域
知的障害者グループホーム 100 区内全域
町会・自治会の会館 特に指定なし

区内全域(特に一之江2,3,4目、
船堀4丁目)

町会・消防団の倉庫

特に指定なし

中央、葛西、小岩、東部、鹿骨

カヌースラローム選手合宿所(オリンピック・パラリンピック) 300 葛西
災害時職員用宿舎(発災時における災害対策用宿舎) 30 区内全域

活用案は随時更新します。

よくある質問(Q&A)

1.【登録できる物件について】
Q.上の表にあるような活用案に合わなくても登録できますか?
A.はい。可能です。

2.【登録できる建物について】
Q.事務所や倉庫など、住宅以外でも登録できますか?
A.はい。登録できます。

3.【登録費用について】
Q.登録に費用はかかりますか?
A.いいえ。無料です。

4.【登録情報の取扱いについて】
Q.登録すると、名前や連絡先を誰にでも知られてしまいますか?
A.いいえ。登録情報は一般公開いたしません。

5.【契約について】
Q.賃貸、売却など、契約形態を指定できますか?
A.はい。金額、条件を含めて交渉いただきます。

6.【仲介について】
Q.契約に際し、仲介を依頼できますか?
A.はい。別途料金が発生しますが、一般の不動産取引同様に専門家に依頼できます。

7.【他の不動産取引との重複登録について】
Q.この制度とは別に、一般の不動産取引に出している物件も登録できますか?
A.はい。他で取引を依頼していても問題ありません。ただ、そちらの取引が決まった場合は、速やかに連絡をお願いします。

8.【有効期限について】
Q.登録した情報はいつまで有効ですか?
A.二年間有効です。更新も自由です。期限が近づきましたら、区から更新の意向確認を致します。

その他、ご不明な点は、お問い合わせください。
住宅課計画係 電話:03-5662-6387(直通)

事業案内と対策計画等について

江戸川区空家等対策計画(概要・本編)もこちらからご覧いただけます。
概要版は、ひと目で対策計画の全体像を見渡せます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは都市開発部 住宅課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

住まいの相談

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る