このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期接種化について(平成26年10月1日〜)

更新日:2017年4月1日

高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期接種化について(平成26年10月1日〜)

平成26年10月1日から、高齢者用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種となりました。
定期化後は、助成を受けて接種することができます。
対象者の方には、4月上旬に予診票を郵送します。
郵送される予診票を持参し、指定医療機関で接種をしてください。
※定期接種化以前に接種した費用の償還払いは行いません。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。高齢者用肺炎球菌定期予防接種Q&A(厚生労働省ホームページ)

対象者

平成29年度対象者

  • 平成29年4月2日から平成30年4月1日の間に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方。
  • 60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害で身体障害者手帳1級をお持ちの方。

※既に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの接種を受けたことがある方は対象外です。

利用期限

平成30年3月31日まで

利用方法

対象者の方で、肺炎球菌予防接種記録が無い方に対し、高齢者用肺炎球菌予防接種予診票を郵送します。予診票を持参し、指定医療機関で接種してください。

費用

4,000円
※ただし、指定医療機関以外で接種する場合、また、予診票を持参しない場合や、利用期限を1日でも過ぎた場合は全額自己負担となります。

注意

過去5年以内に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを接種されたことのある方は、同剤の接種により注射部位の疼痛、紅斑、硬結等の副反応が、初回接種よりも頻度が高く、程度が強く発現されると報告されています。
※肺炎球菌ワクチン接種に当たっては、必ず自身の予防接種記録をご確認ください。

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 健康サービス課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る