このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)にご注意ください

更新日:2018年4月27日

国内で麻しん(はしか)の患者報告が続いています

平成30年3月下旬以降、沖縄県内・名古屋市等で麻しん(はしか)患者の発生報告が出ています。
都内では特にアジアの国々(タイ、インドネシア等)に渡航歴のある患者の報告が中心となっています。
麻しんに注意しましょう! (東京都感染症情報センター)
都内麻しんの流行状況 (東京都感染症情報センター)
沖縄県内の麻しん流行について (沖縄県)

麻しん(はしか)の症状

麻しんは、麻しんウイルスの感染によって起こる感染症です。ウイルス感染後、 約10日から12日の潜伏期の後、発熱や鼻水、咳、目の充血等が認められます。
この症状が数日続いた後、全身性の発疹が現れ高熱は更に3日か4日続きます。
麻しんには特異的な治療法が無く、対象療法が中心となります。感染から回復までの約1か月間は免疫機能が低下するため、脳炎や肺炎等の重篤な合併症を引き起こす場合もあり注意が必要です。

予防接種について

麻しんは感染力がきわめて強いため、1人の発病者から多くの人に感染します。唯一有効な予防方法はワクチン接種をして免疫を予め獲得しておくことです。麻しんに罹ったことのない方で、予防接種を受けていない方は、自分と周囲の方の健康を守るため、予防接種を受けましょう。

定期予防接種

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。MR(麻しん・風しん混合)1期・2期の予防接種について

定期外予防接種(任意接種)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。MR(麻しん・風しん)ワクチン任意予防接種の接種費用助成の実施について

定期予防接種以外で任意に予防接種を受ける場合には、麻しんの予防接種(MRワクチン等)を実施している医療機関で接種が可能です。
定期接種の対象者だけではなく、医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、り患歴や予防接種歴が明らかでない場合には、かかりつけの医師に相談し、予防接種を検討してください。

海外旅行では感染症に注意

FORTH (For Travelers’ Health:厚生労働省検疫所)
ゴールデンウィークにおける海外での感染症予防について(厚生労働省)
海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド (東京都 感染症対策課)

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。麻疹とは(国立感染症研究所)

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 保健予防課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る