このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムとは(住み慣れた地域で自分らしく)

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで送ることが出来るよう、「住まい」・「医療」・「介護」・「介護予防」・「生活支援」が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築が求められています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地域包括ケアシステム(厚生労働省ホームページ)

江戸川区の地域包括ケアシステム(子どもから熟年者まで障がいの有無に関わらず、全ての世代を対象に)

 江戸川区には、町会・自治会や各種団体による長年にわたる活発なコミュニティ活動によりつくられた素晴らしい「地域力」が培われています。
 区ではこの「地域力」を地域の皆様とともに活かしながら、子どもから熟年者まで障害の有無にとらわれず「住まい」「医療」「介護」「介護予防」「生活支援」を一体的に提供していく地域包括ケアシステムの構築を目指しています。
 このために、自宅から約1キロメートルの範囲に1か所、区内15か所を目安に地域の皆さんをつなぐ地域包括ケアシステムの拠点として「なごみの家」を順次整備していきます。
 平成28年度については、小岩地区・中央地区・葛西地区に3か所設置し、地域の皆様の身近な福祉拠点としていきます。

なごみの家(江戸川区地域包括ケアシステムの拠点)

 区では、平成28年度に空き店舗などを活用し地域包括ケアシステムの拠点として「なごみの家」を区内3ヵ所に開設しました。
 なごみの家では、
 (1)誰もが住み慣れた地域で自分らしい生活を送ることができるよう、福祉・医療に精通した専門職を配置します。
 (2)子どもから熟年者まで障害の有無に関わらず、住まい・医療・介護・介護予防・生活支援についての相談対応や、
  地域の課題解決を図るためのネットワークづくりを進めていきます。
 (3)誰もが気軽に集いふれあえる場、話ができる居場所としていきます。

 支援を必要とする方と、支援者双方が集う場としていくことも目的の一つとしており、積極的な区民参加を得て親しまれる福祉拠点としていきます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。なごみの家(江戸川区社会福祉協議会ホームページ内)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。なごみの家の居場所型学習支援(江戸川区べんきょう応援サイト内)

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る