区民向け情報

閉じる

Multilingual > 外国の方向け生活情報 > 暮らし > ごみ・リサイクル

更新日:2020年10月27日

ここから本文です。

ごみ・リサイクル

「正しくできていますか?資源とごみの分け方・出し方」動画公開中

ごみの出し方

ごみは決められた曜日の当日朝午前8時までに集積所に出してください。収集後や収集日以外の日、夜間には出さないでください。また、燃やすごみ、燃やさないごみ、資源(新聞、雑誌・雑がみ類、段ボール、紙パック、びん、缶、ペットボトル、容器包装プラスチック)にきちんと分けて、それぞれの決められた曜日に出してください。近隣とのトラブルを避けるためにも、ルールは必ず守りましょう。また、むやみにごみを捨てると、罰せられることもあります。

ごみの種類

燃やすごみ

台所の生ごみ・紙くず・プラスチック製品(汚れているもの、おもちゃ、日用品など)・ゴム・皮革製品などの燃やすごみは、週2回収集します。ごみ容器または透明・半透明の袋に入れて出してください。

燃やさないごみ

金属・ガラス・乾電池・電球・蛍光灯などの燃やさないごみは、月2回の第1・3または第2・4の決められた曜日にごみ容器または透明・半透明の袋に入れて出してください。スプレー缶・ライター・カセットボンベは作業の安全のため必ず中味を使い切ってほかの燃やさないごみと袋を分けて出してください。

充電式電池とボタン電池は、協力販売店等に引き取ってもらってください。

ガラス・陶器・蛍光灯・刃物などは、けがをすることのないよう、きちんと紙に包んで「危険」と表示してください。

資源回収

週1回、回収しています。分別は以下のようになっています。

古紙

(1)新聞・折り込みチラシ、(2)雑誌・本・カタログ・パンフレット・雑がみ、(3)段ボール、(4)牛乳などの紙パックの4種類に分けて、それぞれひもでしばって出してください。

びん・缶

飲食用のびんと缶は、中を水で軽く洗ってそのままの状態で、集積所のコンテナ(びんは黄色、缶は青色)に入れてください。

ペットボトル

ペットマークがついている飲料などのペットボトルのラベルとふたを取り除き、中を水で軽く洗って、つぶしてから集積所の緑色のネットに入れてください。

容器包装プラスチック

プラマークの表示があり、汚れやアルミ成分が使われている銀色の部分がないものを、ごみ容器または透明・半透明の袋にまとめて入れて出してください。

上記以外の紙類、飲食用以外のびんと缶(スプレー缶、カセットボンベなど)は、資源として回収できません。それぞれ燃やすごみ、燃やさないごみとして出してください。

多量のごみ

一般家庭で多量のごみを出す場合は、事前に清掃事務所にご連絡ください。(有料)

粗大ごみ

家具や電化製品などの大きなごみ(概ね一辺が30センチメートル以上のもの)は、粗大ごみ受付センターに連絡してください。収集は依頼または自分で持ち込むことができます。(有料)

粗大ごみ受付センター

その他

自動車・オートバイなどは収集できません。これらの回収業者は、清掃事務所で紹介します。

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)で指定された対象機器(テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)が不用になったときは、販売店または家電リサイクル受付センターに連絡してください。(有料)

家電リサイクル受付センター

パソコンが不用になったときは、製造メーカーまたはパソコン3R推進協会に連絡してください。(有料の場合あり

パソコン3R推進協会

江戸川区内の清掃事務所

  • 小松川清掃分室 平井1丁目8番8号 電話:03-3684-6060
  • 小岩清掃事務所 東小岩1丁目7番7号 電話:03-3673-2551
  • 葛西清掃事務所 臨海町4丁目1番2号 電話:03-3687-3896

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?