区民向け情報

閉じる

Multilingual > 外国の方向け生活情報 > 健康・医療 > 後期高齢者医療制度

更新日:2020年2月14日

ここから本文です。

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは、病気やけがなどで医療機関を受診した際の経済的負担を軽くするために、普段からお金を出し合って医療費にあてる、相互扶助を目的とした制度です。

加入できる人

江戸川区に住民登録をしていて在留期間が3か月以上の人。在留期間が3か月未満でも、理由により3か月以上の滞在予定が証明できる人で、75歳以上の人は、後期高齢者医療制度へ加入の届け出をおこなってください。また、65歳以上75歳未満の人でも一定の障害があり、東京都後期高齢者医療広域連合に申請し認められた方は加入できます。

加入できない人

  1. 在留資格が「短期滞在」「外交」などの人
  2. 出入国管理および難民認定法に定める在留資格を有しない人
  3. 生活保護を受けている人

後期高齢者医療保険証

加入すると、一人1枚、後期高齢者医療保険証が交付されます。

  1. 受診の際、医療機関の窓口へこの保険証を提示してください。
  2. 保険証に記載されている名前以外の方が保険証を使用した場合は、法により罰せられます。
  3. 江戸川区から転出した場合などは、必ず保険証をお返しください。

問い合わせ

区役所医療保険課 電話:03-5662-1415

保険料の納付

後期高齢者医療制度に加入している被保険者ごとに毎年計算されます。保険料は年金からお支払いいただく方法(特別徴収)と納付書や口座振替などでお支払いいただく方法(普通徴収)があります。区から送る納付書で保険料を支払うときは、銀行や郵便局などの金融機関・区役所・コンビニエンスストアでお支払いください。なお、保険料の納付には口座振替が便利です。手続きは銀行や郵便局などの金融機関でお申し込みください。

問い合わせ

区役所医療保険課 電話:03-5662-0795

保険給付

  1. 後期高齢者医療保険を扱う医療機関で受診すると、医療費の自己負担は、1割か3割のいずれかになります。その負担割合の判定は、住民税課税所得によります。
  2. 高額療養費の支給医療費の自己負担額が高額になるときは、その一部が払い戻されることがあります。
  3. 葬祭費の支給加入者が死亡したとき、申請により、葬祭費が支給されます。

問い合わせ

区役所医療保険課 電話:03-5662-1415

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?