遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年8月27日

ここから本文です。

江戸川区郷土資料室企画展

瞽女の記録と唄・語り-江戸時代の瞽女と江戸川区-

2009ライブの様子

江戸時代、目の不自由な女性が、三味線を携えて旅をし、家々を廻りながら唄や語りを聴かせていました。瞽女と呼ばれました。この江戸川区にも、江戸時代から昭和時代にかけて、瞽女が訪れました。しかし、その記録にとぼしく、どこの地方から訪れたのかも明らかではありません。

平成19年(2007)に一之江名主屋敷ではじめての瞽女唄ライブを開催しました。名主屋敷の田島家には、瞽女が訪れたことを伝える記録が残っています。そのゆかりの場所で、往時の演奏会を復活させたのが「椿の里の瞽女唄ライブ」です。演奏は、越後の瞽女唄を伝承する三味線奏者の月岡祐紀子さんです。以来、毎年1回実施してきました。

本展では、江戸川区の一之江新田・笹ヶ崎村に残る瞽女関連資料を中心に、瞽女の歴史、瞽女の芸能、そして「椿の里の瞽女唄ライブ」で取り上げた語り物の内容を紹介します。

会期

令和元年8月10日(土曜日)~11月24日(日曜日)

9時00分~17時00分 入場無料

会期中の休館:祝日・振替休日(ただし、11月3日は開館)

会場

江戸川区郷土資料室 企画展示室

お問い合わせ

江戸川区郷土資料室

教育委員会事務局教育推進課文化財係

〒132-0031 江戸川区松島1丁目38番1号

電話:03-5662-7176

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?