遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

宇喜田十軒の地蔵講

旧宇喜田村字十軒の地蔵尊を本尊とする地蔵講で、少なくとも寛延2年(1749)には存在しており、途中に中断はあるものの、宗旨にこだわらない、旧村時代の講中のおおらかな形を伝えています。
毎月23日が月なみで、午前10時に十軒会館に集まり、歓談するうちに近所の人たちもお参りにきて、11時頃から念仏をあげ、昼食後も歓談して3時頃解散します。
かつて本尊の地蔵尊は外にあり、毎月の23日にそのお堂に集まっていたそうです。大正6年(1917)の高潮でお堂は壊れ、昭和38年(1963)に現在の会館を建てた時、地蔵と大師を中に安置し、講もここで行うようになりました。昭和5・6年(1930、1931)頃までは盛んで、8月と11月の縁日には出店なども出ました。また昭和36年(1961)頃まで、大数珠を持って各家を回っていたということです。

  • 江戸川区無形民俗文化財・風俗習慣
  • 宇喜田町1454番 地蔵講
  • 平成6年2月22日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?