遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

絹本著色鶴図

池田孤村筆の絹本著色図です。小堀遠州(1579~1647)の書と松花堂昭乗(1584~1639)が描いた「鶴之図」という2種の色紙を懸けた掛幅を池田孤村が「書表装」風に模写したものです。
書は縦10.3センチメートル、横9.2センチメートル。藤原定家様の書風で「きみか代は千世にやちよにさゝれ石のいはほとなりて苔のむすまで」の和歌がしたためられています。「鶴之図」は縦10.6センチメートル、横9.0センチメートル。岩に羽を休める鶴を描いたものです。本紙は縦34.5センチメートル、横54.4センチメートル、軸装です。「小堀宗甫公書、八幡猩々翁画、孤村池田三信写」の賛と孤村の落款があります。また、本図を納めた箱の蓋に、孤村自筆で「池田孤邨画寉色紙一幀」の墨書があります。寉は鶴のことです。
この図は「絹本著色草花図」とともに15世市川羽左衛門丈の旧蔵品で、16世市川羽左衛門丈夫人から孤村の墓所である大雲寺に寄進されました

  • 江戸川区登録有形文化財・絵画
  • 瑞江4丁目11番5号 大雲寺
  • 平成16年4月13日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?