遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

要法寺所在の筆子塚

筆子塚とは、江戸時代に庶民の教育機関であった寺子屋や家塾で、読書算術や実務教育を教わった教え子が、師匠が亡くなった際にその遺徳を偲び、自分たちで費用を出し合って建てた墓や供養塔のことです。
参道脇にあり、天保2(1831)の日蓮聖人550遠忌の供養塔台座に、区内旧村8ヶ村の「惣旦中」とともに「筆子中」がこれを建てたと刻まれています。笹ヶ崎、上篠崎、下篠崎、下小岩、鹿骨、松本、谷河内、本一色の各村です。要法寺檀家は笹ヶ崎村だけだったといわれており、さらに広い範囲から生徒が通ってきていました。塔身には当時の住職25世日詳大徳の名が刻まれています。

  • 江戸川区登録有形文化財・歴史資料
  • 北篠崎2丁目13番17号 要法寺
  • 平成8年1月23日 告示

要法寺所在の筆子塚1 要法寺所在の筆子塚2

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?