遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

青柳三酉筆子塚

筆子塚とは、江戸時代に庶民の教育機関であった寺子屋や家塾で、読書算術や実務教育を教わった教え子が、師匠が亡くなった際にその遺徳を偲び、自分たちで費用を出し合って建てた墓や供養塔のことです。
青柳三酉は文久2年(1862)長島村で寺子屋「長運堂」を開業し、読み書きを教えました。平井の田口初右衛門の開業より50年ほど後れますが、農家を借りて開業していた寺子屋としては、古いもののひとつといえます。明治に入ってからも教授を続け、明治6年(1873)からは家塾として引き続き教授にあたり、同12年(1879)9月29日に68歳で亡くなりました。家塾の開業時の生徒は、男子22名、女子14名の36名でした。この墓は、背面に「本邨筆子中」とあり、三酉没後にその生徒たちによって建てられたと考えられます。

  • 江戸川区登録有形文化財・歴史資料
  • 東葛西3丁目3番16号 清光寺
  • 平成4年2月25日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?