遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

絹本着色山越阿弥陀図

阿弥陀来迎図は、浄土信仰とともに、平安時代後期からさかんに描かれました。鎌倉時代になると、こうした山越の阿弥陀図が登場します。その成立については、恵心僧都源信(942~1017)が、比叡山横川の不二が峰において、光明を放ってふたつの峰の間から出現した阿弥陀三尊を目撃し、感激してその姿を自分の袖に書きつけたという伝説が伝えられています。しかし、その作例はかならずしも多いとはいえません。現存する最古の作例は京都禅林寺の「山越阿弥陀図」(国宝)で、13世紀前半に描かれました。

本図は江戸時代後半の作と推定されますが、作例の少ない山越阿弥陀図の中でも、比較的めずらしい図様を伝えています。往生者を迎えるために、阿弥陀如来が山の背後から上半身を大きく現し、勢至、観音の二菩薩は雲の上にあってなお天上にいる風情ながら、すでに山のこちらへ来迎しています。

  • 江戸川区登録有形文化財・絵画
  • 個人蔵
  • 昭和63年2月28日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?