遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

安養寺の富士塚

明治17年(1884)頃、境内の弁天池を拡張したときに、残土を盛り上げて築いたと伝えます。お椀形の小丘で、主として丸石で覆われていますが、部分的にボク石(溶岩石)も使われています。昭和40年代前半ごろまで「七浅間参り」のコースに入っていましたが、現在は講もなく、塚の一部を改造して、石がんとし、弘法大師の石像を納めています。また頂上の石祠(浅間神社)には、「□□十三庚寅六月吉日 氏子中」と刻まれています。

  • 江戸川区登録有形民俗文化財・民俗資料
  • 平井6丁目53番1号 安養寺
  • 昭和63年2月25日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?