遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

戒誉上人筆子塚

筆子塚とは、江戸時代に庶民の教育機関であった寺子屋や家塾で、読書算術や実務教育を教わった教え子が、師匠が亡くなった際にその遺徳を偲び、自分たちで費用を出し合って建てた墓や供養塔のことです。
浄土宗法養寺は、歴代住職が寺子屋を開き、周辺の子弟に読み書きを教えていたことから、「こどもでら」と呼ばれていました。教場としていた庫裡は明治39年(1906)に焼失しましたが、幕末から明治初頭にかけて住職であった22世厳誉連瑞上人のころは、東小松川村・松江村・瑞江村一体から子弟が通っていたと伝わっています。
戒誉上人は法養寺住職で、享和2年(1802)に亡くなりました。石塔には「読書手跡人」とともに「露の身のうへなんことをいつしか□かねて心におかぬ日はなき」の歌が刻まれています。

  • 江戸川区登録有形文化財・歴史資料
  • 西一之江3丁目33番1号 法養寺
  • 昭和63年2月25日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?