遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

小松川神社所在の青面金剛立像庚申塔

駒形の刻像庚申塔で、延享元年(1744)9月、西小松川村字新町の庚申講中の人々が庚申供養のために造立しました。施主に八丁堀の和泉三国左門が作成したと刻まれていますが、経緯は不明です。種子、日月像、二童子、四夜叉、三猿が刻まれています。

  • 江戸川区有形民俗文化財・民俗資料
  • 小松川3丁目1番2号 小松川神社
  • 昭和61年2月12日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?