遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

真蔵院所在の青面金剛立像庚申塔(元禄十一年銘)

高さ122センチメートル。駒型で、元禄11年(1698)東宇喜田村字雷の庚申講中によって造立されました。四本手の青面金剛立像を中央上部に、両脇に二童子、その下に四夜叉の立像が並人でいます。台石に文化2年(1805)の年紀があることから、この時に修復されたと考えられます。

  • 江戸川区登録有形民俗文化財・民俗資料
  • 東葛西4丁目38番9号 真蔵院
  • 昭和61年2月12日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?