遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

平井の渡し跡

平井の渡しは、中川(旧中川)を渡る行徳道の渡し場です。平井聖天への参詣路としても賑わいました。行徳道は、中川(旧中川)平井の渡しから四股で元佐倉道と交差して、東小松川村、西一之江村、東一之江村を経て今井の渡しに達する道筋を、行徳道とよんでいました。いつ頃できたものかわかりませんが、古くは行徳塩の輸送路のひとつであったと考えられています。
庶民はこの道を成田山参詣路に利用したと思われます。江戸方面へは、平井の渡しを渡って、浅草の観音さま(浅草寺)への参詣にも利用されていました。
明治32年(1899年)に平井橋が架けられるまで、使用されていました。

  • 江戸川区登録史跡
  • 平井6丁目1番先
  • 昭和60年3月12日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?