遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

自性院所在の観音菩薩像庚申塔(寛文八年銘)

寛文8年(1668)に建立された、聖観音菩薩立像を陽刻した庚申塔です。銘文に「三尸教」とあります。これは、中国の道教に由来するもので、人間の体内に三尸という虫がいて、庚申の夜に人が眠るとその体内から抜け出し、天帝に日ごろの罪過を告ると信じられていました。これは、日本の庚申信仰の源流となっています。

  • 江戸川区登録有形民俗文化財・民俗資料
  • 東葛西2丁目30番20号 自性院
  • 昭和59年2月28日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?