遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

トップページ > スポーツ・文化・観光 > 文化 > 文化財・史跡 > 江戸川区の文化財・関連施設 > 江戸川区登録文化財 > 阿弥陀堂跡墓地所在の地蔵菩薩像庚申塔(寛文五年銘)

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

阿弥陀堂跡墓地所在の地蔵菩薩像庚申塔(寛文五年銘)

舟型で高さ163センチメートル。寛文5年(1665)の造立で、長文の銘が刻まれています。「庚申講結衆 口善根功徳之基本拾年余輩 必人名口青面庚申之結衆造専 地蔵口浄土尊像偏大悲代一文(以下略)」とあります。磨滅のため不明部分が多いですが、庚申信仰の人びとが地蔵菩薩の徳をたたえて建立したと思われます。

  • 江戸川区登録有形民俗文化財・民俗資料
  • 上篠崎2丁目21番 阿弥陀堂跡
  • 昭和59年2月28日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?