遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

東小松川中道の庚申塔河原道石造道標

千葉街道の旧河原道起点にブロックの小祠が建てられ、庚申塔として祀られています。元佐倉道から河原の渡しに向かう分岐点にある道標です。建立は文化5年(1808)で、原位置のままと認められます。上部正面には青面金剛像が陽刻され、銘文は台座の正面に「是よりかハら道」、右側面には「両国マテ二里、市河マテ一里」とあります。河原道はこのルートだけではなく、行徳道から西一之江4丁目8番9号の間を抜けるルートなどもあります。河原の渡しから区の中央部へ手を広げたようなこの道は、地域にとって大切な道だったに違いありません。この道がどうしてつくられ、どのように機能していたかは明らかではありません。

  • 江戸川区登録有形文化財・歴史資料
  • 中央3丁目2番16号
  • 昭和58年3月15日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?