遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

下平井の観世音菩薩浅草道石造道標

享保19年(1734)の建立。平成18年(2006)3月、西側道路の社務所脇の植え込みに移設され、保存されています。道標のある細い路地が渡しへ向かう旧道です。正面に観音菩薩立像が刻まれています。銘文は「秩父□□□あさくさ道」「享保十九甲寅」「是より佐(ひだり)ぎやうとく道(行徳道)」とあります。旧浅草道は浅草と行徳を結ぶ道筋で、江戸川区を直線で横切るものですが、平井の渡しに近いこのあたりの道は曲がりくねっていました。道標の原位置は現在地前の路地の南のつきあたり諏訪神社の南(保育園入り口付近)でした。

  • 江戸川区登録有形文化財・歴史資料
  • 平井6丁目17番36号 諏訪神社
  • 昭和58年3月15日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?