遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

加納甚内の墓

加納家は、将軍吉宗が鷹狩りを再開するにあたって伊勢(三重県)から召し出された牧戸甚内を祖としています。牧戸家は、伊勢松阪で3代にわたって紀州藩の鷹狩りの御用をつとめていました。綱差は、獲物となる烏を確保して、職狩りの際に役立てるの役目です。甚内は、加納の姓を賜り、西小松川への常住を命じられています。寛保3年(1743)12月30日、79歳で没し、法名を「一衆院載誉浄運唯方居士」と号し、仲台院に葬られました。その後も鷹狩りが廃止されるまで綱差を継いでいました。

  • 江戸川区登録史跡
  • 西小松川町11番17号 仲台院
  • 昭和57年2月8日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?