遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

トップページ > スポーツ・文化・観光 > 文化 > 文化財・史跡 > 江戸川区の文化財・関連施設 > 江戸川区登録文化財 > 木造阿弥陀如来立像 附・紙本墨書造立趣旨文書一紙

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

木造阿弥陀如来立像 附・紙本墨書造立趣旨文書一紙

この立像は勝曼寺の本尊で、薮崎氏らが元和10年(1624)3月に寄進したものです。仏像の胎内から発見された文書によって制作年代が明らかになり、江戸時代初期の作品として貴重なものであることがわかりました。

  • 江戸川区登録有形文化財・彫刻
  • 新堀1丁目9番12号 勝曼寺
  • 昭和57年2月8日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?