遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

一之江名主屋敷

当家の先祖田島図書は一之江新田の開拓者と知られています。田島家は元禄頃から一之江新田の名主をつとめた旧家です。
広大な屋敷地には、防風林が生い繁って、屋敷のまわりの堀も残っています。東方入口に長屋門を構え、東向きの主屋は茅葺きの曲り家造りです。式台を設けた玄関は間口2間ですが、天井は低く、この地方特有のものです。
主屋は、記録によると安永年間(1772~1780)の再建で、敷居や鴨居も三本溝になっているなど、江戸中期の建築様式を伝えています。ドマは30坪あまりで、中央の大黒柱は径45センチメートルもあるケヤキの丸柱を使用し、これを境にしてドマが二分され、一方は農作業の場で、他方はカマドのあるカッテです。「マス」とよばれる穀物収納庫も四間の長さがあり、往時の繁栄がしのばれます。ドマの天井は踏板天井で農具や川船の収納場所になっていました。
曲り家はこの地方の旧家建築の代表形式ですが、この屋敷は当時の名主屋敷の面影を今に伝えています。

  • 東京都指定史跡
  • 江戸川区登録史跡
  • 春江町2丁目21番20号
  • 昭和56年1月13日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?