遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年5月21日

ここから本文です。

葛西囃子

江戸時代、東葛西領の総鎮守であった金町村の香取神社(葛飾区、葛西神社)の神官が創作した祭り囃子がはじまりと伝えられています。この系統の囃子は関東各地に伝わりました。東都葛西囃子睦会は、その保存伝承のために、昭和24年(1949)に結成されました。
編成は5人で、大太鼓(大胴)1人、しめ太鼓(しらべ)2人、笛(とんび)1人、鉦(よすけ)1人です。ケテンテケテンテンテンステックという「上げ」(打ち込み)の囃子にはじまり、屋台囃子という曲から一定の順序で数曲続け、ふたたび屋台囃子で終わるというのがふつうです。

  • 東京都指定無形民俗文化財
  • 江戸川区登録無形民俗文化財・民俗芸能
  • 保持団体 東都葛西囃子睦会
  • 昭和56年1月13日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?