遠い夢 未来へのささやき まちの鼓動 ふるさとの原風景

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

常燈明

小岩市川の渡しにあった常燈明で、成田山を信仰する千住総講中によって、天保10年(1839)に建てられたものです。
成田山新勝寺は、天慶3年(940)草創と伝える古刹で不動霊場として知られています。小岩市川の渡しは佐倉道の小岩市川関所にあり、成田参詣の道筋にもあたっていました。高さ2メートル。5段の台石も2メートル弱あり、台石銘には世話人や協賛者が刻まれています。昭和9年(1934)の江戸川改修に当たり、宝林寺に移されました。

  • 江戸川区登録有形文化財・建造物
  • 北小岩3丁目23番11号 宝林寺
  • 昭和56年1月13日 告示

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?