区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 計画・目標 > (仮称)江戸川区角野栄子児童文学館

更新日:2020年11月30日

ここから本文です。

(仮称)江戸川区角野栄子児童文学館

区ゆかりの児童文学作家 角野栄子さんの功績や世界観、児童文学の素晴らしさを発信する施設です(令和5年7月開館予定)

完成予想図

児童文学作家 角野栄子さん

角野栄子さん

1935年(昭和10年)東京都内生まれ。
3歳から23歳まで江戸川区北小岩で過ごす。江戸川区立中小岩小学校出身。

  • 1970年(昭和45年) 『ルイジンニョ少年ブラジルをたずねて』で作家デビュー
  • 1982年(昭和57年) 『大どろぼうブラブラ氏』で産経児童出版文化賞大賞
  • 1984年(昭和59年) 『わたしのママはしずかさん』で路傍の石文学賞
  • 1985年(昭和60年) 『魔女の宅急便』で野間児童文芸賞、小学館文学賞
  • 1986年(昭和61年) 『魔女の宅急便』でIBBY オナーリスト文学賞
  • 2000年(平成12年) 紫綬褒章受章
  • 2014年(平成26年) 旭日小綬章受章
  • 2016年(平成28年) 『トンネルの森 1945』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞
  • 2018年(平成30年) 「国際アンデルセン賞 作家賞」受賞
  • 2019年(平成31年) 「江戸川区区民栄誉賞」受賞

本をひらけば 楽しい世界~(仮称)江戸川区角野栄子児童文学館 基本設計を公表~

児童文学館公式インスタグラム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

公式インスタグラムでは、児童文学館にまつわる他では見られない魅力を発信していきます。

江戸川区ホームページとともに、児童文学館の情報を収集するツールとして、ご活用ください。

ぜひフォローをお願い致します。

開設に向けて

基本設計new

進捗状況報告

基本構想

広報室

プレスリリース

えどがわ区民ニュース

広報えどがわnew

関連リンク

お問い合わせ

このページは新庁舎・大型施設建設推進室施設計画課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?