区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

ひとり親家庭ホームヘルプサービス

義務教育終了前の児童を扶養しているひとり親家庭で、親または児童の病気、就職活動、冠婚葬祭などで一時的に家事や育児に支障が生じたとき、またはひとり親家庭になった直後の不安定な時にヘルパーを派遣します。所得に応じた負担金があります。

*申請・届出には必要書類のほか、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づく、本人確認が必要です。詳細については下記マイナンバー(個人番号)制度にともなう本人確認についてをごご覧ください。

マイナンバー(個人番号)制度にともなう本人確認について

ひとり親ホームヘルプサービスについて

派遣対象

江戸川区民であり、義務教育終了前(中学3年生以下)の児童を扶養しているひとり親(父子・母子)家庭で、次の状況にあるとき。

  1. ひとり親家庭となった直後、3か月以内の場合
  2. 親または子が、一時的な傷病の場合
  3. 日常の家事を行っている同居の祖父母等が、一時的に傷病の場合
  4. 親が就職活動をする場合
  5. 親族等の冠婚葬祭に出席する場合
  6. 区長が必要と認める場合

サービスの内容

  1. 食事の世話
  2. 掃除
  3. 洗濯
  4. 育児
  5. 通院介助
  6. その他必要な用務

派遣日数

事由ごとに7日以内。
ただし、ひとり親になった直後3か月以内の場合は、30日以内。
また、区長が特別に必要と認めた場合は延長することがあります。

派遣時間

原則として午前8時から午後6時までのうちの6時間以内(やむを得ない状況の場合は午前7時から午後8時までの8時間以内)の派遣となります。

ひとり親家庭ホームヘルプサービスの利用の仕方

登録をします

利用前の登録が必要です。
子ども家庭支援センターへ下記のものを持参してお申込みください。

持ち物

  • ひとり親であることを証明する書類(児童扶養手当証書など)
  • 前年分の所得(1月から6月までの申請は前々年分の所得)を証明する書類
  • マイナンバー通知カード
  • 本人確認のための身分がわかるもの(運転免許証、保険証など)
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)

注釈 持ち物についてご不明な点はお問い合わせください。

登録が終わりましたら、決定通知書をお渡しします。

派遣が必要なとき

  1. 予約する
    区が指定する紹介所に電話で予約します。
  2. 援助券を請求する
    子ども家庭支援センターに来所し、援助券の請求をします。子ども家庭支援センターでは、必要な時間数の援助券を発行します。
    急病の場合は子ども家庭支援センターに電話で連絡し、後日来所して援助券を受け取ってください。
    郵送での請求を受け付けることもできます。事前に必ず電話で相談してください。
  3. ヘルパーさんに援助券を渡す
    援助券に確認印を押し、ヘルパーさんに渡します。
    後日郵送で渡す場合は、ヘルパーさんが困らないように早急に渡してください。
  4. 自己負担額のある方は、別にお渡しする納付書で納めてください。

自己負担額

所得に応じて自己負担額があります。

問い合わせ・申し込み先

子ども家庭支援センター自立支援係
住所:江戸川区瑞江2丁目9番15号
電話:03-6231-8150(直通)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは子ども家庭部子ども家庭支援センターが担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?