区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

御衣黄

珍種の桜「御衣黄(ぎょいこう)」

 雷公園の御衣黄

御衣黄は、江戸時代初期に品種改良で生まれた八重桜の一種です。
咲き始めは黄緑色をしていますが、満開に近づくと花弁の中心にある緑色の線が紅色に変化し、花全体が赤みを帯びていくのが特徴です。
昔の貴族が好んだウグイス色の気品ある衣を思わせることからこの名が付いたと言われており、ソメイヨシノに比べて2週間ほど遅く見ごろを迎えます。

見頃

4月中旬

場所

雷(いかずち)公園(東葛西9丁目21(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

交通アクセス

東京メトロ東西線「葛西駅」から、都営バス葛西22系統「一之江駅行」に乗車。「雷(いかずち)」バス停で下車し徒歩3分(一之江駅からのアクセスも可)。

※その他にも、新川千本桜、小松川千本桜、なぎさ公園などで見ることができます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは土木部水とみどりの課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?