区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

江戸川区スーパー堤防整備方針

整備方針の策定

江戸川区は、東京都の東端部に位置し、荒川や江戸川の大河川等と東京湾に囲まれ、7割がゼロメートル地帯である地勢から、その生い立ちは、水害との闘いの歴史でもありました。大正6年の高潮では240人の命が奪われ、戦後のカスリーン、キティ台風では、区の大半が水没する壊滅的な被害を蒙っています。

その後、精力的に行われてきた治水事業により、近年は顕著な水害に見舞われることなく、区民の生命・財産が守られてきました。

しかし昨今は、地球温暖化の影響を示唆する異常気象が頻発化し、日本のみならず、世界規模で、これまでの予測をはるかに超える風水害が発生しており、こうした、かつて経験したことのない洪水や高潮への対策とともに、軟弱地盤にある河口低地部においては、迫りくる大地震への備えも急務となっています。

本方針は、予測しえない様々な自然災害に対して、極めて強靭な構造を有するスーパー堤防整備に向けて、江戸川区が学識経験者及び国・都の河川行政関係者等とともに、その必要性を論じ、具体策を取りまとめた「整備方針(案)」を、江戸川区都市計画審議会に諮問し、『江戸川区スーパー堤防整備方針』として答申を得たものです。

スーパー堤防整備は、長い年月と莫大な経費を要し、沿川住民の理解と協力が不可欠となる協働の事業であり、その遂行には多くの困難が伴いますが、堤防を生命線としてまちが守られている宿命をしっかりと認識し、江戸川区は、この方針を基に、区民との協働により、スーパー堤防整備に取り組んでまいります。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは土木部区画整理課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。