区民向け情報

閉じる

更新日:2019年10月9日

ここから本文です。

感染症発生動向

感染症の発生状況について(江戸川区)

第40週令和元年9月30日(月曜日)から令和元年10月6日(日曜日)

インフルエンザ

区内の一定点医療機関あたり患者は1.21(前週1.05)です。今後の動向に注意が必要です。予防には、手洗い、咳エチケットが有効です。

インフルエンザの流行状況(東京都 2019-2020年シーズン)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

東京都インフルエンザ情報 第1号(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

RSウイルス感染症

区内の一定点医療機関あたり患者は0.67(前週1.00)です。今後の動向に注意が必要です。予防には、手洗い、咳エチケットが有効です。

RSウイルス感染症の報告数が増加しています(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます) (東京都健康安全研究センター)

定点把握対象感染症 警報・注意報・グラフ

注目される感染症

小児科定点・眼科定点対象感染症の区内発生状況グラフ

第40週令和元年9月30日(月曜日)から令和元年10月6日(日曜日)までの報告です。

定点把握対象感染症(PDF:1,241KB)(別ウィンドウで開きます)

小児科定点対象疾患

小児インフルエンザ様疾患、成人インフルエンザ様疾患、咽頭結膜熱(プール熱)、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、水痘(みずぼうそう)、手足口病、伝染性紅斑、突発性発疹、ヘルパンギーナ、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、MCLS(川崎病)、不明発疹

眼科定点対象感染症

急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎

お読みください

  • この事業は一般社団法人江戸川区医師会のご協力をいただいて、区が共同で実施しているものです。
  • 小児科感染症の各地区別の定点医療機関数は小松川地区3、中央地7、葛西地区5、小岩地区7、鹿骨・東部地区5です。眼科感染症は全区で4です。
  • 小児科感染症は各地区の医療機関数にバラツキがあるため、地区ごとの比較は一医療機関あたり(定点あたり)の届出数を用いています。
  • 感染症法に基づく、感染症動向調査について(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)(東京都健康安全研究センター)

全数報告対象感染症

第40週令和元年9月30日(月曜日)から令和元年10月6日(日曜日)までに、江戸川区内の医療機関で診断された感染症の数です。
※更新日までに報告のあったもの

第40週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核2例
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症3例
4類感染症 報告なし
5類感染症 麻しん2例

第39週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核1例
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症1例
4類感染症 報告なし
5類感染症 風しん1例

第38週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核7例
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症1例
4類感染症 報告なし
5類感染症 百日咳1例,麻しん1例

関連リンク

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。