区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療・健診・検診・助成 > 助成制度 > 小児慢性特定疾病医療費助成制度

更新日:2019年1月21日

ここから本文です。

小児慢性特定疾病医療費助成制度

対象者

都内に住民登録がある18歳未満で対象の疾病にかかっており、認定基準を満たす方。なお、18歳を超えても引き続き医療を受ける場合は有効期限内に更新する場合に限り、満20歳未満まで延長できます。

東京都以外の道府県と八王子市から転入した18歳以上の方は、前住所地の医療受給者証を有していても手続きが遅れると医療費助成が受けられません。速やかに申請してください。

対象疾病

対象疾病は「小児慢性特定疾病情報センター」のホームページで公開しています。病状によって提出する医療意見書が異なりますので、詳しくは主治医(指定医)にご相談ください。

小児慢性特定疾病情報センター(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

制度について

制度についての詳しい情報や申請書類は、東京都のホームページをご覧ください。
東京都福祉保健局ホームページ「小児慢性特定疾病医療費助成」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

医療費の助成、請求方法は以下のページよりご確認ください。
東京都福祉保健局ホームページ「難病・小児慢性疾患受給者証、マル都医療券の使い方について」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

申請等の受付・問い合わせ先

関連制度のご案内

心身障害者福祉手当(難病要件)
小児慢性特定疾病の一部疾病で医療費助成が認定となった方を対象に、手当を支給する制度です。

自立支援医療(育成医療)
小児慢性特定疾病医療費助成は原則として内科的治療が助成対象です。外科的治療は育成医療をご覧ください。

小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業
小児慢性特定疾病医療費助成制度の認定を受けた児童のうち、日常生活を営むのに著しく支障のある方に対し、日常生活用具を給付しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?