区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療・健診・検診・助成 > 助成制度 > 特定疾患(指定難病)医療費助成制度

更新日:2021年7月29日

ここから本文です。

特定疾患(指定難病)医療費助成制度

お知らせ

「特定医療費(指定難病)受給者証」及びマル都医療券」の更新申請期限について

「特定医療費(指定難病)受給者証」及び東京都単独指定難病の「マル都医療券」について、東京都から更新申請期限の猶予措置が示されました。詳しくは以下のお知らせ、東京都のホームページでご確認ください。

医療機関へのお支払いについて

審査期間中に受給者証の有効期限が切れた場合は、医療機関窓口で助成対象となる医療費をいったんお支払いください。医療費助成の認定後に東京都に請求することができますが、療養証明書等の費用は自己負担となります。

江戸川一丁目・江戸川二丁目・東瑞江二丁目の住居表示実施(令和2年11月2日付)に伴う手続きについて

住居表示実施により住所が変更となった場合も、受給者証(マル都医療券)の住所は自動では変更されません。

「変更届」、「受給者証(マル都医療券)」と「住居番号付定通知書のコピー」を江戸川保健所または、お近くの健康サポートセンターへ持参又は郵送にて住所変更の届出を行ってください。

変更届の様式はこのページの「変更届・再交付申請について」の「申請書書式」に掲載しています。

本制度の対象者

東京都内にお住まいの方で、国及び東京都が医療費助成の対象とする難病に該当し、その認定基準を満たしている方。または、申請する月以前の12ヶ月以内に難病の総医療費が33,330円を超える月数が既に3ヶ月以上ある方。

18歳未満の方の申請について

申請受付時に18歳未満で、本制度と「小児慢性特定疾病医療費助成制度」両方対象の疾病で申請する方は、「小児慢性特定疾病医療費助成制度」で申請すると自己負担上限月額が低く設定できる場合があります。
申請時に必要な診断書の様式や認定条件が異なりますので、主治医にご相談ください。

小児慢性特定疾病医療費助成制度

対象疾病

制度について

申請受付について

ご加入の健康保険や世帯構成等により、提出する書類が異なります。ご不明な点はお問い合わせください。

更新申請の方は、東京都から送付された「更新のお知らせ」に従って書類を揃え、申請してください。

申請書の様式

委任状は申請時にマイナンバーを使用し、受給者本人以外の方が手続きを行う場合に必要です。

東京都外からの転入について
変更・再交付申請について

申請に伴う住民票、課税証明書の取得方法は、以下のリンクをご確認ください。

申請窓口

郵送申請について

江戸川保健所に書類が到着した日を受付日として取り扱います。

内容確認時に江戸川保健所から連絡する場合がありますので、申請書や変更届に連絡先の電話番号を記載していただくよう、お願い致します。

新規・更新申請の場合は「本人控え」を、氏名および住所変更、再交付申請の場合は「対象者証明書」を返送しますので、84円切手を貼付した返信用封筒を郵送時に同封してください。

マイナンバーを含む書類の郵送申請について

マイナンバーを利用して情報連携を行い、住民票および課税証明書の省略を行う場合、「個人番号に係る調書」が必要ですが、複写式のため掲載できません。

新規申請及び(保険、都内での住所、所得階層)変更届、東京都外からの転入申請を郵送で提出される方で、マイナンバーによる情報連携を希望される方は、事前に電話等でお問い合わせ下さい。

マイナンバーを利用して申請する場合は、事故等による個人情報の紛失を防ぐため、記録が残る方法での送付をお願い致します。書類が到着しなかった場合についての責任は負いかねます。

郵送先・お問い合わせ先

〒132-8507(江戸川保健所専用の郵便番号です)
江戸川保健所
保健予防課医療給付係(難病医療費助成担当)

電話:03-5661-2464

心身障害者福祉手当(難病要件)

国の指定難病で医療費助成が認定となった方を対象に、手当を支給する制度があります。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。