区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療・健診・検診・助成 > 助成制度 > 肝がん・重度肝硬変入院医療費助成制度

更新日:2020年5月25日

ここから本文です。

肝がん・重度肝硬変入院医療費助成制度

B型・C型ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変の治療で一定期間入院している方のうち、所得制限を超えない方の医療費の一部または全額を助成する制度です。

マル都医療券の有効期間延長について(B型C型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変)

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、以下に該当する方は「マル都医療券」の有効期間が1年間延長となります。

新しいマル都医療券が届くまでの間は、期限切れの医療券を医療機関に提示してください。有効期間が1年間延長されたものと読み替えて公費負担が適用されます。

  • 令和2年3月1日から令和3年2月28日の期間に有効期間が終了する「B型C型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変」のマル都医療券が交付されている方

期間延長後の医療券は令和2年6月下旬以降、有効期間が満了した方から順番に東京都福祉保健局から送付される予定です。

対象者

以下のすべての条件を満たす方

  • B型・C型ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変と診断され、各都道府県が指定した医療機関(指定医療機関)で入院治療を受けている。
  • 申請前11ヶ月以内で高額療養費算定基準を超えた月が3ヶ月以上。(平成30年4月以降診療分が算定対象となります。)
  • 肝がん・重度肝硬変の治療の研究への協力に同意している。
  • 他の法律により、医療費が支給されない方。(生活保護等の受給者は対象外となります。)
  • 限度額適用認定証、高齢受給者証等の区分が下表に当てはまる方。
制度の対象となる適用区分と負担割合
年齢 制度の対象となる適用区分・負担割合
70歳未満(後期高齢者医療制度加入者は除く) 限度額適用認定証の適用区分が「エ」の方、限度額適用・標準負担額減額認定証の適用区分が「オ」の方
70歳から74歳(後期高齢者医療制度加入者は除く) 高齢受給者証の一部負担金の割合が「2割」または特例により「1割」の方
後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方

後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が「1割」の方

制度について

制度の詳しい情報や東京都内の指定医療機関については、東京都のホームページをご覧ください。

東京都福祉保健局ホームページ「肝がん・重度肝硬変入院医療費助成制度」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

申請窓口

指定医療機関が作成する書類がありますので、申請する場合は各都道府県の指定医療機関にご相談ください。
江戸川区に住民登録がある方の申請受付は以下の窓口で行っています。

ウイルス性肝炎に関する助成・給付金制度

定期検査費用の助成や、給付金の支給を受けることができる場合があります。詳しくは下記リンクをご確認ください。

ウイルス性肝炎に関する助成・給付金制度

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?