区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療・健診・検診・助成 > 助成制度 > B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度

更新日:2019年1月21日

ここから本文です。

B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度

対象者

東京都内に住所があり、東京都が指定する肝臓専門医療機関(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)で「B型ウイルス肝炎」または「C型ウイルス肝炎」と診断され、医療費助成の対象となる治療を要する方で認定基準を満たす方。
ただし、生活保護受給者等、他の法律に基づいて医療費が給付される方は本制度の対象外です。

助成内容

B型・C型肝炎のインターフェロン治療、C型肝炎のインターフェロンフリー治療、B型肝炎の核酸アナログ製剤治療にかかる保険診療の患者負担の合計額から患者の一部負担額を除いた額を助成します。(健康保険から支給される高額療養費等は助成額に含みません。)

制度について

制度についての詳しい情報や申請書類は、東京都のホームページをご覧ください。
東京都福祉保健局ホームページ「B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

医療費の助成、請求方法は以下のページよりご確認ください。
東京都福祉保健局ホームページ「難病・小児慢性特定疾病医療受給者証、マル都医療券の使い方について)」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

申請窓口

ウイルス性肝炎に関する助成・給付金制度

定期検査費用の助成や、給付金の支給を受けることができる場合があります。詳しくは下記リンクをご確認ください。

ウイルス性肝炎に関する助成・給付金制度

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?