区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 健康 > 食育 > 3.食の循環や環境を意識した食育の推進

更新日:2021年3月24日

ここから本文です。

3.食の循環や環境を意識した食育の推進

対象 取り組み(事業名) 機関・団体・部署
全区民 「もったいない」の実践を普及啓発する(環境に配慮した食材の生産消費・調理方法・リサイクル・エコクッキングなど) えどがわエコセンター
安全・安心な作物や体験の場を提供する 農業経営者クラブ
情報の提供や交流を積極的に行う
生産、製造、加工、流通、販売の各段階において、食の安全・安心を確保する(江戸川区内産の地場野菜の親子料理教室) 東京スマイル農業協同組合
店内での食育普及啓発をする(料理講習会の実施、店内での普及) 食品衛生協会
地域で食の担い手として指導、講習を実施する 地域活動栄養士会E.S.K
えどがわっ子食堂ネットワーク(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます) えどがわっ子食堂ネットワーク
エコタウンえどがわ推進計画の推進 環境推進課
1.区民のもったいない運動の参加促進
2.事業者のエコカンパニーえどがわの参加促進
Edogawaごみダイエットプラン(H28~H33) 清掃課
えどがわ食べきり推進運動
1.3010運動(宴会・家庭版)2.食べきり推進店3.フードドライブ
冊子「小松菜力。」の発行、及び小松菜スタンプラリーの継続実施 産業振興課
直売マップの配布、農家からこども食堂への食材提供の検討
農業体験(区民農園、ふれあい農園等)、農業応援団長「えどちゃん」
小松菜クッキー開発(JR東日本と区内農家・事業者による)
小松菜トークイベント(無印良品からの依頼)こまつなくん豆知識
キリンビールとの協賛(江戸川産小松菜使用飲食店のPR)
小松菜マラソン(小松菜のPR、商品に小松菜や小松菜関連商品使用)
食品衛生街頭フェア、区民まつり、町会回覧、広報板での啓発 生活衛生課
食品衛生大会(食品ロスやこども食堂について話す)
幼児 PTA活動の中に食育活動の視点を取り入れる 私立保育園保護者連絡協議会

家庭で食育を実践する、食育関連講座に積極参加する

私立幼稚園協会PTA連合会

園児・保護者への食育実施

私立保育園園長会
私立幼稚園協会
オリンピック・パラリンピックに向け、おやつや給食を通して、その国の食文化・スポーツ・国の位置等、興味関心をもつ 保育課
日本の郷土料理を取り入れていく
小学生 活動の中に食育の視点を入れる 子ども会連合会
1.2年生(野菜栽培)3.4年生(スーパーマーケットの見学、地域の農家の人々の暮しを聞く)5年生(消費者の視点・生産者の視点を考える) 小学校
小学生・中学生 学校の食材を知ろう 食品衛生協会
オリンピック・パラリンピックに向けて外国のメニューの提供 学務課
地場産物(小松菜、明日葉、トビウオ)の提供、日本料理の知識を広める
小松菜給食(区内生産地から直接配送)の提供、行事食・郷土料理の提供
小松菜パッケージの検討(中学)
中学生 PTA活動の中に食育活動の視点を取り入れる 区立中学校PTA連合協議会
家庭で食育を実践する、食育関連講座に積極参加する

江戸川区の農業

食の安全・安心

食品ロス

小松菜

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?