区民向け情報

閉じる

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

妊娠と口の中の変化

妊娠中の歯みがき

妊娠すると、口の中にも変化があります。女性ホルモンの分泌が増えることで歯肉(はぐき)がはれやすくなります。あなたの歯肉(はぐき)は大丈夫ですか。

歯肉炎は、歯みがきである程度改善できます。

  • つわりのあるときは体調の良い時間にむりせずみがいて下さい。
  • 歯みがきがつらいときはうがいを多くして下さい。
  • 歯ブラシはいつもより小さめを選ぶといいです。子ども用の歯ブラシを使ってみるのもいいです。
  • 歯磨剤のかわりに、歯みがきのあと洗口剤を使っても大丈夫です。

ハローベビー教室(初産の方)
妊婦歯科健診のご案内

むし歯や歯周病は遺伝するの

歯の形や歯並びなどは遺伝的な要素があると思われます。しかし、むし歯や歯周病は生活習慣に大きく左右されます。むし歯の多い人のお子さんがむし歯になりやすいのは、甘いもの好き、むし歯菌(ミュータンス菌等)が多いことなどが影響するからです。

妊娠中の食生活は

赤ちゃん(胎児)の歯の成長に関係し、歯の質に影響するので、バランスよく食べることが大切です。

妊婦および妊娠を計画している人の食生活をご覧ください

むし歯菌(ミュータンス菌等)が感染するってホント

まだ歯が生えない赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいません。

乳歯が生えてくると、お父さんやお母さん、家族の唾液などから感染します。でも家族の口をきれいにすることで、感染を最小限にできます。

赤ちゃんの小さな口の中に生えてくるかわいい歯を守るためにも、家族みんなで、ていねいな歯みがきをこころがけ、かかりつけ歯科医での定期健診を受けましょう。また、歯科治療も済ませておきましょう。

赤ちゃんの歯QAをご覧ください

妊婦さんの歯科治療については、かかりつけ歯科医院へご相談ください。かかりつけ歯科医がわからない場合は、健康サポートセンターにご相談ください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?