区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 予防接種に関するお知らせ > 里帰り先等で接種した予防接種費用の助成について

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

里帰り先等で接種した予防接種費用の助成について

2019年4月1日以降に20歳未満の方が東京23区外の医療機関で自費により定期接種を受けた場合に、かかった費用の一部または全額をお支払いいたします。

制度の利用に当たっては、接種前に江戸川区から依頼書の発行を受ける必要があります。依頼書の発行については、江戸川区以外の医療機関で接種を受けるには(依頼書の発行について)のページをご覧ください。

対象者

接種日時点で江戸川区に住民登録がある20歳未満の方

対象となる定期接種

下記の1、2の両方に該当する接種

  1. 接種前に江戸川区より依頼書の発行を受けた以下の定期接種
  2. 平成31年4月1日以降に受けた以下の定期接種

(注意1)接種前に依頼書の発行を受けていない定期接種については、償還払い制度の対象にはなりません。

(注意2)平成31年3月31日以前に接種した定期接種については、償還払い制度の対象にはなりません。

  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 四種混合(DPT-IPV)
  • BCG
  • 不活化ポリオ
  • 水痘
  • MR(麻しん風しん混合)
  • 日本脳炎
  • 子宮頸がん
  • 二種混合(DT)
  • 麻しん単体
  • 風しん単体
  • 3種混合(DPT)

助成額

下記のうち金額が少ない方

  • 実際に支払った金額
  • 江戸川区が区内指定医療機関と契約する接種単価のどちらか少ない方

申請の期限

接種日から1年以内

申請に必要な物

  1. 母子健康手帳(接種記録が記載されている必要があります)
  2. 医療機関が発行した領収書原本(複数のワクチンを接種した場合、ワクチン毎の金額がわかる明細書を含む)
  3. 印鑑(朱肉を使用するもの。スタンプ印不可)
  4. 振込先の口座のわかる通帳

 ※申請者と口座名義が異なる場合、委任状が必要となります。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?