区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 予防接種に関するお知らせ > MR(麻しん・風しん混合)1期・2期の予防接種について

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

MR(麻しん・風しん混合)1期・2期の予防接種について

麻しんについて

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。

麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

風しんについて

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、風しんへの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力を有します。

風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。

症状は不顕性感染(感染症状を示さない)から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあるため、決して軽視はできない疾患です。

また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

 

接種対象者

MR1期

1歳から2歳に至るまでの方

MR2期

5歳以上7歳未満の方で、小学校就学前の4月1日から3月31日まで

(※)令和2年度は、平成26年4月2日から平成27年4月1日生まれの方が対象です。

予診票の送付時期

MR1期

1歳になる月の上旬

MR2期

小学校就学前年の4月上旬

費用

無料

(※)ただし、指定医療機関以外で接種する場合、予診票を持参しない場合、対象年齢を1日でも過ぎた場合は有料となります。

実施場所

区内指定医療機関又は23区内指定医療機関

(※)江戸川区以外の22区の指定医療機関については、医療機関所在地の保健所にお問い合わせください。

(※)里帰り出産等の事情により、23区外の医療機関で接種を受ける場合、接種を受ける前に予防接種依頼書の発行が必要です。詳細は、江戸川区以外の医療機関で予防接種を受けるには(依頼書の発行について)のページをご覧ください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?